皆様、「かえりちりめん」の名前の由来はご存知ですか?

しらす(ちりめん)は鰯の子で、だいたい生後1~2ヵ月のもの

が「ちりめんじゃこ」として商品になります。

そして成長するにつれて口やお腹の部分が銀色に帯びてきて、体

全体も変態して親魚(鰯)の姿にかえるということで、「かえりちりめん」

と呼ばれることになります。

さらに大きくなると「いりこ」になります。

ちなみに、ちりめんとかえりちりめんの交り量で製品の呼び方も変わるん

ですよ。(*・∀・)/

ちりめんの量が多いと「ちか」、かえりの量が多いと「かち」と呼ばれます。

コメントを残す

CAPTCHA


Spam Protection by WP-SpamFree