皆さん、しらす漁の網の目ってどのくらいかご存知ですか?

加工場に来られるお客様が必ず「魚が小さいんだから網の目も

小さいやろ~」と仰いますね。

しらす漁(パッチ網漁法)

しらす漁に使われる網の構造は、①大引網、②腰網、③袋網と

徐々に網目が細くなっていきます。

大引網と腰網は、網と書いていますが、魚がかかることが無く、

船が引っ張る水圧を分散し、大きな魚を逃す役目があります。

上記の写真が、袋網という部分の網目で、ここにしらすが集まる

仕組みになっています。

これでも小さいしらすは通り抜けて行くみたいですね。(^―^)

Tags:

コメントを残す

CAPTCHA


Spam Protection by WP-SpamFree